桜花賞馬レーヌミノル(本田)が、2冠目に向けて併せ馬を行った。Cウッドで追われると、素軽い伸びでフィニッシュ。

 見届けた本田師は「予定通りきている。馬も成長しているよ」と上昇ムードをアピール。折り合いに不安のないタイプで、距離延長もクリアしないか。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-01824863-nksports-horse

メイショウカシュウ(5歳1000万)を3馬身前に置いて、6ハロン地点からスタート。我慢を利かせながらゆったりと追走していくと、直線でも折り合いは十分。馬なりのまま、最後は内から1馬身半ほど先着した。本田調教師は「ゴール前で気合を乗せる感じでやった。先週3頭併せでしっかりやっているので無理はせず、予定通りできた。前走後はさらに良くなっているし、使っていくほどにかかるような面もこの馬にはない」と、好感触を口にした。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000077-sph-horse