競馬の祭典、ダービー(G1、芝2400メートル、28日=東京)の1週前追い切りが18日、東西トレセンで行われた。上位独占を狙う池江勢は、皐月賞馬アルアイン(牡3)がCウッドで古馬相手に先着。好気配をアピールした。

 合図を待って、アルアインが一気に加速した。松山騎手を背に、ステイインシアトル(古馬オープン)を捉えにかかる。Cウッドでの1週前追い。馬場の八分どころから内を突くと、3馬身ほどあった差はみるみるうちに縮まった。6ハロン81秒4-12秒3。ゴールではきっちり半馬身抜け出した。

 皐月賞馬は進化を続ける。松山騎手は「硬さもなく順調にきている。道中の感触も反応も良かった。前走と比べても、いいのではという感じの動き」とうなずいた。5戦4勝で1冠を制し、唯一の敗戦は大きな不利を受けたシンザン記念(6着)だけ。池江師も「皐月賞が終わってさらに成長していますね。体もそうだし、精神的にも。全体的に走りが低くなった」と2冠奪取に色気を見せる。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-01825752-nksports-horse