桜の女王レーヌミノルは2冠達成を狙って3度目の東上だ。中井助手は「桜花賞と同じくらい(の状態)でいければと思っていましたが、当時よりも出来は良くなっています」と上昇気配を伝える。

 前走から一気の距離延長となる今回。「中間は長距離仕様に馬をシフトさせているので、走りも以前より良くなっています。折り合いに関しては全く心配していませんし、距離が延びるのは他馬も一緒ですから」と克服可能との見立てだ。
引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000017-dal-horse