1: 2017/03/17(金) 20:37:53.22 ID:CAP_USER
海女とおしゃべり、忍者による忍術講座――。

三重県鳥羽市や同県伊賀市など県内11市町が県や観光関連事業者と連携し、
地域の特色ある観光資源に新たな要素を組み合わせた旅行商品を開発した。
「三重あそび~新しいこと、ゾクゾクはじめます」と題して、インターネットなどで販売している。

これまで旅行商品の開発は観光業者に任せる市町が多かったが、
主体的に商品作りに関わることで地域の魅力をアピールしようと、県の呼びかけで官民の関係者が一体となり、
昨年12月から協議を重ねてきた。

11市町が開発した旅行商品は、各市町の「一押し」の地域資源と、
観光とは直接的に関係のなかった資源とを組み合わせるなどした斬新な内容となっている。

鳥羽市の「海女結びドーマンセーマン~海女さんと過ごす石神さん」(税込み4000円)は、海女と「女子会」をセットにした。
「女性の願いを一つはかなえてくれる」との言い伝えがある同市相差町の神明神社参道にある社「石神さん」にお参りした後、
スイーツを味わいながら海女とのおしゃべりを楽しむ。

忍者と、体一つで岩や壁を登る「ボルダリング」を組み合わせたのは伊賀市だ。
「ラストニンジャ~忍びの道・ボルダリングの巻」(同8500円)では、
甲賀流忍術の継承者で「最後の忍者」と呼ばれる川上仁一・三重大社会連携特任教授の忍術講座を受講した後、
忍者の衣装でボルダリングを体験する。

このほか、松阪牛とウナギを使った弁当を宿泊先のホテルへ届ける松阪市の「松阪牛の、ごっつぉや!」(同5000円)や、
桑名市の国重要文化財「六華苑ろっかえん」で肉厚なハマグリを使ったフランス料理を堪能できる同市の「はまぐりフレンチ」(同6200円)など、
三重の食を堪能できるプランもある。

鈴木英敬知事は
「各地域でしか楽しむことができない、魅力満載の商品ばかり。今後も市町や事業者と一体になり、
 多くの人に『三重が面白い、行ってみたい』と注目してもらえるような旅行商品を作っていきたい」と話している。

商品は楽天トラベルの旅行情報サイト「旅頃」や県観光連盟のサイト「観光三重」で販売。

写真:海女と「石神さん」にお参りする鳥羽市の商品
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20170313/20170313-OYT1I50039-L.jpgno title

写真:伊賀市では忍者の衣装でボルダリングを体験
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20170313/20170313-OYT1I50040-L.jpgno title


以下ソース:YOMIURI ONLINE 2017年03月17日 20時00分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170313-OYT1T50163.html

3: 2017/03/17(金) 21:21:39.29 ID:kucOYkwf
三重って名産も観光もあるのに、県名だけ聞くと何も思い浮かばない。

5: 2017/03/18(土) 01:56:30.86 ID:YvhjtrDs
伊勢志摩って聞くといい感じなのに、三重だと何も浮かばない

6: 2017/03/18(土) 05:54:13.41 ID:2Ide+ZW4
わたかの島しか浮かばない

7: 2017/03/18(土) 06:56:58.92 ID:PqNDrUQi
じぇじぇじぇ~

引用元: ・【三重】忍者とボルダリング、海女と女子会…新旅行商品[03/17]©2ch.net