シェアブログ
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2018年01月03日

    0 コメント
1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2017/12/27(水) 14:19:48.70 ID:CAP_USER.net
 オタク系コンテンツ業界に特化した仮想通貨「オタクコイン」のICO(Initial Coin Offering:新規仮想通貨発行)に向けた検討が始まった。アニメや漫画、ゲームなどの業界で利用できる共通通貨として発行する計画だ。

http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1712/27/yx_otaku.jpg
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1712/27/yx_otaku_02.jpg

 オタクコインは、日本のオタク文化を海外向けに発信するメディア事業などを展開するTokyo Otaku Modeが12月27日に発表した構想。2018年春ごろからのICOを目指し、検討を進める。

 コインの詳細は検討段階だが、アニメ作品を見たりレビューを書くなどしてオタクコインを手に入れ、アニメグッズの購入やイベントの参加費用に使ったり、アニメ製作プロジェクトに投じて支援する――といったイメージだ。

 著名な漫画家にコインをデザインしてもらったり、音楽家に決済音やテーマ曲を作ってもらったり、ARを通じて、空中に浮いているオタクコインをジャンプして獲得できるなど、ほかの仮想通貨にはない「楽しさ」の提供も検討する。

 同社はこのほど「オタクコイン準備委員会」を設置。アニメ映画「この世界の片隅に」プロデューサーの真木太郎氏などをアドバイザーに迎え、オタクコインを通じてアニメ業界の発展に寄与する仕組みの構築を目指す。ICOコンサルティング事業を手掛けるAnyPayの支援も受ける。

 同社は、ICOを実施予定の国の法律・税務の確認や、実施母体の調整、メインメンバーの確定、協力者への呼びかけ、業界への説明などの活動を行っているという。構想に関心を持つ人とは、コミュニケーションアプリ「Telegram」などを活用して交流。18年春ごろをめどに説明会の開催や資料の公開も予定している。

 ICOも18年春ごろを目指しているがあくまで検討段階で、「実施を約束するものではない」としている。

2017年12月27日 12時22分
ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/27/news060.html
続きを読む

2018年01月03日

    0 コメント
1: 名無し募集中。。。 2017/12/30(土) 20:38:48.44 0.net
仮想通貨が流行ってるのなら一人くらいいてもいいよね
続きを読む

2018年01月02日

    0 コメント
1: みつを ★ 2017/12/30(土) 10:04:45.68 ID:CAP_USER.net
https://jp.reuters.com/article/2018-views-bitcoin-kenneth-rogoff-idJPKBN1EK0IB

2017年12月28日 / 09:26 / 15時間前更新
ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授

[東京 28日] - 通貨の長い歴史において、政府は常にイノベーションを規制し、合法的にわが物にしてきたと、ハーバード大学のケネス・ロゴフ教授は指摘する。よって、ビットコインをはじめとする仮想通貨も同じ運命をたどる可能性が高いとみる。

同氏の見解は以下の通り。

ビットコインの価値は、仮にその取引の全てをデビットカードやクレジットカードの取引のように当局側で把握できるならば、1万ドルよりもむしろ10ドルに近づくはずだ。

その意味では、日本の当局(金融庁)が仮想通貨取引所の登録制を導入したことは良いことだ。しかし、ビットコイン取引を合法化したことで、日本が海外の地下取引に対して資金洗浄の場を作り出してしまった可能性はある。また、ビットコインの最近の価格バブルにかなり寄与したのではないかと私は思う。

日本の当局関係者は、他の国々も日本と同じように対応すれば、合法的にビットコインを使用するためには登録が必要となるので問題はないと言うが、現実には近い将来そうはならないだろう。特に米国が、好まざる政府に対する金融制裁に深く関わっていることを考えればなおさらだ。

従って、最終的には日本も、他国からの要請で、このほぼ匿名の取引に使われる媒体に対して、より手厳しいスタンスを取らざるを得なくなるのではないかと思う。

<政府は勝つまでルールを変更できる>

マネーの過去、現在、未来を論じた自著(「現金の呪い」)で指摘した通り、通貨の長い歴史において、民間セクターがイノベーションを起こしても、やがて政府が規制し、合法的にわが物とすることが何度も繰り返されてきた。確実に同じことが暗号通貨でも起こる。

リバタリアン(自由至上主義者)たちは、ビットコインが全ての法定通貨を打ち負かすと考えているようだが、彼らは間違っている。通貨については、ルールを決めるのは政府であり、勝つまでルールを変えることができる。

<中銀がデジタル通貨を発行する可能性>

中銀版デジタル通貨は必然的な流れだ。実際、中銀の準備預金はすでに電子データであり、一種のデジタル通貨である。残されている疑問は、中銀がどれくらいリテール市場に浸透したいのかという程度の問題だ。

*本稿は、特集「2018年の視点」に掲載されたものです。筆者の個人的見解に基づいています。

(編集:麻生祐司)
続きを読む

2018年01月02日

    0 コメント
1: みつを ★ 2017/12/30(土) 10:08:37.18 ID:CAP_USER.net
https://jp.reuters.com/article/forex-ny-close-1229-idJPKBN1EN1S5

2017年12月29日 / 23:34 / 2時間前更新
[ニューヨーク 29日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対主要6通貨バスケットで約3カ月ぶり安値をつけ、年間の下げでは2003年以来の大きさとなった。

先週の米税制改革法案成立後、国内景気加速の持続性を疑問視する声が聞かれた。

エバーバンクのワールド・マーケッツ部門責任者は「ドルに対する逆風が、来年強まるだろう」と予想。「景気刺激のペダルを緩めるのは、米連邦準備理事会(FRB)にとどまらない」とみる。

欧州中央銀行(ECB)が来年末までに利上げを検討するとの観測が広がり、ユーロを押し上げた。ユーロ/ドルEUR=は年間で14年ぶりの大幅高となる勢いだ。

ユーロ/ドルは一時、1.2028ドルと3カ月ぶり高値をつけ、年間の上昇率は14.2%となった。直近では0.56%高の1.2008ドル。

ユーロ急伸が今年、ドルの重しとなった。ドル指数はこの日一時、92.080と、9月22日以来の安値をつけた。年間では9.8%下落した。

ドルは円JPY=や英ポンドGBP=D4、カナダドルCAD=D4、スウェーデンクローナSEK=、スイスフランCHF=に対して下落した。

トランプ米大統領の経済政策に対する期待から、ドル指数は今年初め、14年ぶり高値をつけていた。税制改革法案をのぞけば、トランプ氏や議会共和党は法案通過で困難に遭遇した。

年末は、多くの機関投資家が帳簿を締める。アナリストらによると、ドル売り圧力につながったとみられるという。

ビットコインBTC=BTSPは、ビットスタンプ取引所の直近の取引で1.18%高の1万4564.76ドル。12日前につけた過去最高値の2万ドル近辺を下回ったが、年間ではなお約1400%上昇する勢いだ。

ドル/円 NY終値 112.67/112.70

始値 112.50

高値 112.71

安値 112.48

ユーロ/ドル NY終値 1.1996/1.2000

始値 1.1990

高値 1.2028

安値 1.1984
続きを読む

2018年01月02日

    0 コメント
1: 名無し募集中。。。 2017/12/31(日) 08:51:00.20 0.net
最初91万4000円あったんだけど1週間で20万円近く減ってた
https://i.imgur.com/42D2ahv.jpg
https://i.imgur.com/ugkhSxb.jpg
https://i.imgur.com/eC96PXz.jpg
続きを読む
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
国内取引所
海外取引所
便利ツール
関連サイト
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
ビットコイン
メールフォーム