1: ノチラ ★ 2017/11/08(水) 17:06:57.99 ID:CAP_USER.net
仮想通貨を用いる資金調達手法ICO(Initial Coin Offering)が注目を集めている。
国内でもICO実施に踏み切る企業が相次ぎ、100億円を上回る資金調達に成功した事例も出てきた。こうした中、金融庁が10月下旬、「価格下落」と「詐欺」の可能性について、注意を促す文書を出した。専門家からは、企業やプロジェクトの実態を大きく上回る資金が集まる、バブルを懸念する声も出ている。

100億円超えるICOも
ICOは、企業などがインターネット上でトークン(引換券に相当)を発行し、トークンを販売することで事業に必要な資金を集める。トークンセールとも呼ばれている。トークンは取引所で売買され、事業がうまくいけばトークンの価値は上昇し、うまくいかなければ下落する。市場原理が働く点については、株式市場に似た点が多い。

国内でも、2017年秋以降、ICOが活発になっている。

テックビューロ社は11月6日、ICOの実施支援プラットフォームCOMSAについて、トークンセールでの調達額が106億円に達したと発表した。「国内初で最大」としている。10月24日には、GMOインターネット社が、仮想通貨のマイニング(採掘)事業のため、トークンセールの実施を検討すると発表している。

トークンを販売する企業は、ホワイトペーパー(目論見書)と呼ばれる事業計画書を公開する。購入者側は、ホワイトペーパーの情報をもとに、事業の革新性や、資金計画の実現性などを判断する。

注目すべきは、ホワイトペーパーとトークンの中身だ。

米国で起きたICO詐欺事件
アメリカでは、ICOを巡るトラブルが起きている。
米証券取引委員会(SEC)は9月29日、不動産やダイヤモンドの裏付けがあると偽ってICOを実施し、投資家から金をだまし取ったとして、2社とその経営者を告発した。

SECの発表によると、REcoin グループ基金と、DRCワールド(ダイヤモンド・リザーブ・クラブ)の2社で、同じ人物が経営している。2社は実際には存在しない無記名証券、トークンや仮想通貨を販売したという。

REcoinについて経営者は「初めて不動産の裏付けのある仮想通貨」とうたったとされる。複数の弁護士や会計士、専門家らでチームを結成しているともしていたが、雇用したり、アドバイスを受けたりしたことはなかったという。DRCワールドについては、会員権を購入した人は、ダイヤモンドを割引価格で購入できるとしていたが、経営実態がなかったとしている。

https://www.businessinsider.jp/post-106779
5: 名刺は切らしておりまして 2017/11/08(水) 17:12:28.89 ID:xt18t/95.net
実弾が伴わないと幾らでも作れる電子マネー(笑)

8: 名刺は切らしておりまして 2017/11/08(水) 17:17:23.67 ID:edF2DTRx.net
だからー
仮想通貨(新しい時代の通貨)ではなく
正体は仮装通貨(一部の組織だけが儲ける)だっつーに

10: 名刺は切らしておりまして 2017/11/08(水) 17:24:20.65 ID:4ajEDOa3.net
ゲームのコインを現金と勘違いしてるようなものだよね。

11: 名刺は切らしておりまして 2017/11/08(水) 17:24:31.59 ID:SSzg/Ogc.net
これ買う人って
何が目的なの?

12: 名刺は切らしておりまして 2017/11/08(水) 17:26:10.42 ID:96u2cAz3.net
そこで、ICOのタマランチ委員長が一言

14: 名刺は切らしておりまして 2017/11/08(水) 17:36:55.45 ID:4K+0wtPI.net
タマチンコ委員長では

18: 名刺は切らしておりまして 2017/11/08(水) 18:58:27.19 ID:I1+paBku.net
胴元が儲かるようにできてる限り通貨とは言わない

http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1510128417/