Zaifとは

大阪府大阪市に本拠を置くテックビューロ株式会社が運営する、2015年3月4日にオープンしたビットコインをはじめとする仮想通貨/暗号通貨の取引所です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


2015年3月18日には、「日本円と仮想/暗号通貨のトレード」と「仮想/暗号通貨同士のトレード」の両方を取り扱った日本初の取引所となりました。

通貨の現物・レバレッジ取引ができるだけの取引所ではなく、積立型のコイン購入やハードウェアウォレットの販売、トークンエコノミー(あらゆる価値をトークン化し経済圏を作る)をもちいたエンターテイメント的実験企画を行うなど、仮想通貨を楽しみながら学ぶことができ、ユーザーを飽きさせない企画が目白押しの取引所です。

手数料をとにかく安く抑えるならザイフで買うのが一番です。


取扱い通貨・トークン

Zaifで取り扱いのある
仮想通貨・トークンは、
次の通りです。

■ 仮想通貨

  • ビットコイン(Bitcoin)
  • イーサリアム(ethereum)
  • ネム(NEM)
  • モナーコイン(Monacoin)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

■ トークン

  • ZAIF
  • CounterPartyトークン(XCP)
  • BitCrystals(BCY)
  • Storj(SJCX)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ペペキャッシュ(PEPECASH)
  • CAICAトークン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • CMS:ETH
  • CMS:XEM

CoincheckやbitFlyerでは扱いのない、
トークン市場もターゲットになっています。

EPSにより追証が不要

先物取引およびAirFXでは、ユーザーは口座残高以上の負担を被ることはありません

Zaifでは含み益を保有するポジションについて、相場の急変等で預かった証拠金以上の損失が発生する可能性のある他のポジションに相対し、強制決済を行うことがあります。
この仕組みをEPS(Early Profit Settlement)と呼び、全ユーザーに対して追証を発生させないための仕組みがあります。

信用取引での現物レバレッジでは、追証ガード制度によりユーザーは口座残高以上の負担はありませんが、残高が回復されない限り取引が再開できません

これに対して、EPSを採用している先物取引およびAirFXではこのような制限がかかることがありません


Zaifコイン積立


私がここをお勧めする理由はこの積立です、仮想通貨の自動積立が1,000円から始められます。EPSにより口座残高がマイナスになることがないため、ユーザーは取引制限を考えることなく継続して取引することができます。銀行口座から毎月固定額を自動引き落とすかたちで、希望の金額を積み立てすることができます。買付けは自動的なので買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はかかりません。