bitFlyerとは

日本初のビットコインの取引所です。2014年1月に設立され、現在はリクルート、三菱UFJキャピタル、SBIインベストメント、電通デジタルホールディングスなどの名だたる会社からの出資を受け、日本国内では取引量や資金力ともに最も大きなビットコイン取引所となっています。



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


ビットフライヤーは、世界中の仮想通貨の中でも取引高上位に入っている主要な通貨である「ビットコイン」と「イーサリアム」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」を取り扱っています。 特にビットコインについては、他の仮想通貨よりずば抜けた取引高を持ち、仮想通貨として安定していることを示しています。

ビットコインは2017年4月に正式な法定通貨として認定され、DMM、リクルート社のエアレジをはじめとして、国内大企業でも取り入れている仮想通貨です。

その他にも世界中でより多く取引されている仮想通貨の上位の通貨を取り揃えています。




取扱い通貨・トークン

bitFlyerで取り扱いのある
仮想通貨は、 次の通りです。

■ 仮想通貨

  • ビットコイン(Bitcoin)
  • イーサリアム(ethereum)
  • イーサリアムクラシック(Ethrereum Classic)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • モナーコイン(Monacoin)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)



「ビットコインをもらう」でビットコインが貯められる

ビットフライヤーでは、ビットコインが貯められる「ビットコインをもらう」というサービスを展開しています。

ビットフライヤーのメニュー画面から、『ビットコインをもらう』をクリックすると、さまざまなサービスの広告が表示されます。

その広告をクリックしてから、サービスを利用すると、一定額のキャッシュバックがあり、そのキャッシュバック分がビットコインで支払われます

キャッシュバックが受けられるサービスは数多くありますが、有名なものとしては、楽天市場、楽天トラベル、じゃらんnet、ZOZOTOWN、Huluなどがあります。ほかにも、ビットフライヤーのサイトを経由してクレジットカードを作成したりしても、ビットコインがもらえます。

仕組みとしては、ポイントサイトとほぼ同じです。ポイントサイトというのは、お小遣い稼ぎのためのサイトです。




bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)という高性能取引ツール

ビットフライヤーには、「bitFlyer Ligthtning(ビットフライヤーライトニング)」という取引ツールがあります。

これは、通常のFXトレードのようにトレードできるシステムで、レバレッジをかけてトレードすることができます。

レバレッジをかけて取引ができるということで、効率的に資金が増やせる反面、資金の減り方もものすごい勢いになるので、リスク管理(資金管理)が苦手な人や、損切りが苦手な人は使わない方がいいかもしれません。

そういうわけですので、初心者の方にとっては、いきなりビットフライヤーライトニングを使うのはオススメしません。レバレッジをかけず、通常の取引をする方が安全でしょう。



クレジットカード積立


意外と話題にならないですがビットフライヤーでもクレジットカードを使えば積立できます。Zaifのようにドルコスト平均法で毎日購入できるわけではありませんが、選んだ通貨一種類を決まった日にクレジットカード決済で購入できるのでこちらも便利です。




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で