coincheckとは

2014年11月5日に設立したビットコインをはじめとする仮想通貨/暗号通貨の取引所です。日本のコインチェック株式会社(旧レジュプレス株式会社)により運営されています。
コインチェックは初心者でも扱いやすく、スマホアプリからも簡単に取引できます。
また国内の取引所としては珍しく24時間取引可能で、取り扱っている通貨も多いことが特徴です。


最近では出川哲郎さんがCMをしていることで一気に認知度が向上しまし、coincheckの取り扱い通貨が軒並み高騰しました。



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


コインチェック(Coincheck)は、初心者でも簡単に仮想通貨の売買ができる日本最大級の仮想通貨取引所です。2014年のサービス開始後からシンプルさと使いやすさが評判となり、今では日本国内で最大のビットコイン取引高を誇る取引所となっています。そのため多くの人がコインチェックを最初の取引所として選んでいます。

コインチェックの画面はとてもスッキリしていて、初心者でも使いやすくできています。投資というとさまざまな情報が画面のあちらこちらに表示されるようなイメージがあるかもしれませんが、コインチェックは必要最低限のシンプルで洗練されたUIを持っているので、初心者であっても何をすべきかが一目瞭然です。取引や売買の画面だけでなく登録や本人確認の画面も分かりやすいので、仮想通貨を始めようとして操作方法でつまずくことはまずないです。


取扱い通貨・トークン

coincheckは取り扱っている仮想通貨の種類がダントツで多いです!

■ 仮想通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ゼットキャッシュ(ZEC)
  • モネロ(XMR)
  • ダオ(DAO)
  • Augur(REP
  • ファクトム(FCT)
  • リスク(LISK)
  • ネム(NEM)
  • ダッシュ(DASH)
  • ライトコイン(Litecoin)

24時間取引可能

コインチェックのメリットは24時間取引が可能なことです!

実は取引所で24時間利用できるところはそんなにありません。 いつでもどこでも仮想通貨の取引ができるのは嬉しいです。
海外への送金が安く、一瞬でできるのがメリットですから、時間関係なく取引したいですよね!




100万円までの損害補償がある

万が一、不正アクセス等でユーザーの仮想通貨が流出するなどの損害が生じた時、コインチェックは100万円までその損害を補償してくれます。

購入した仮想通貨は、日本円で出勤するまではオンラインのウォレットに預けておくことになりますので、不正アクセス等の攻撃に晒される可能性はあります。もし自分のアカウントが乗っ取られて、保有していた仮想通貨を第三者に送金されてしまったら元も子もありません。コインチェックはこうした場合に100万円まで被害を補償してくれるので、安心です。

ただし、補償が適応されるのはログイン時の二段階認証を設定しているユーザーに限られますので、アカウントを作ったらすぐに二段階認証を有効にしておきましょう。

coincheck でんき


電気の品質や供給の仕組みを変えることなく、ビットコインで電気代の支払いができます。


貸仮想通貨とは?

Coincheckの貸仮想通貨サービスとは、
その名の通りにコインチェックへ仮想通貨を貸し出す仕組みです。

 コインチェックにコインを借りるのではなく、その逆です。

※サービスを利用には最低10万円分の通貨が必要ですのでご注意ください。

コインチェックが持ちコインに不安があるのかどうかはさておき、
貸仮想通貨サービスはコインチェックに期日を指定して仮想通貨を貸し出すことで、

貸し出したコインの1%~最大5%の年利を受け取ることが出来ます。
 
年利と期間

年利は

  • 14日間:年率1%
  • 30日間:年率2%
  • 90日間:年率3%
  • 365日間:年率5%

貸し出す期間によってどんどん増えていくシステムです。

 



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin