1:
日刊スポーツ 1/13(金) 7:58配信

 侍ジャパンの攻撃陣が固まった。3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック
(WBC)代表として、中日平田良介外野手(28)巨人小林誠司捕手(27)の選出が
有力であることが12日、分かった。平田は強力な右打者のオプション、小林の強肩も
貴重な武器になる。投手陣の陣容が流動的な中、攻撃力を前面に押し出したスタイルで
世界一奪還に挑む。

 超がつく攻撃的布陣で、世界の猛者を打ち砕く。昨年12月に発表した捕手・野手の
1次メンバーは12人。中田、筒香の長距離砲に、青木、内川、坂本の首位打者ホルダー。
トリプルスリーの山田に、最多安打の秋山、規格外の大谷…。積極性を兼ね備えた
強打者タイプが重点的に選出された。残り3枠も、攻撃に比重を置くチーム方針に従う
可能性が極めて高い。ファウル打ちの達人・中島は、球数制限のある国際試合では
有効な攻め駒として選出濃厚。最後の2枠は、平田と小林が有力とみられる。

 平田は、小久保監督が就任時から厚い信頼を置く選手だ。15年プレミア12では、
主に右翼のレギュラーとして打率4割2分3厘、6打点。逆方向にも長打を打てるだけでなく、
追い込まれたら一転、軽打に切り替えて一、二塁間を破るしたたかさを兼ね備えている。

 勝負強さも大きな特長で、昨季の打率2割4分8厘に対し、得点圏打率は3割5分3厘に
跳ね上がる。正右翼手の候補としては、1次発表メンバーの鈴木がいる。伸び盛りの長打力は
大きな魅力だが、国際試合の経験値が足りない。同じ右打者の平田は守備、走塁力も
非常に高く、代打の切り札に収まらない働きが見込める。

 小林は、正捕手候補の筆頭である大野、チームの支柱を担う嶋に次ぐ、第3捕手として
加わりそうだ。全体のバランスを考慮すると、セ・リーグで昨季、規定打席に到達した捕手は
小林しかいない。同年代の若い投手が多く、強肩はもちろん、同年代の橋渡し役としての役割も
期待される。

 今月下旬に全28選手を発表する方針のもと、最終調整を行う。メンバー変更に多少の余地は
残すも「打って勝つ」の大きな幹が定まった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-01764442-nksports-base

139:
>>127
捕手に代打を出したあとの二番手捕手にアクシデントがあったときのための保険だからな>第三捕手
途中交代の必要がない正捕手さえいてくれたら第二捕手が保険になるから第三捕手はベンチにいなくてもいいのだが

140:
>>4
控えの控えだからな
呼びやすいんだろう
昔の亀井みたいなもんだろ

142:
小林は今年阿部とグアムでキャンプ張ってるんだっけ
打撃指導と一緒に課題のキャッチングも修正指導してもらってるはず

143:
はい!負けー

148:
小林が選ばれる位捕手って今いないのか。侍ジャパンのハードル低すぎるだろ。

150:
>>148
肩・リード・キャッチングの総合力No.1の石原が選ばれてへん
あと小林より田村(22才)の方が上やのに選ばれてへん

152:
>>148
古田、伊東、中村、谷繁、城島、矢野、阿部とか他にも色々出てきた90年代~2000年前半は豊作だったな

174:
>>152
嶋が球界一番手て、何かの間違いだろってぐらいレベル低いよな。勝てるわけないわ。

149:
外野のバックアップ要員必要なのに
平田とか脳味噌沸いてんのか

154:
今回のWBCは戦犯がわかりやすいw

156:
小林よりロッテの田村の方がいい
外野は中村晃か西川の方がいい

157:
平田くん、WBCはどうでもいいから中日で活躍してください。

162:
阪神またゼロかよw
原口選ばれなくて残念だったなww
藤浪も球数制限あるから使い難いんだよな
イニング計算できない先発は使えないんたよ

163:
小久保じゃやっぱりダメだな。

166:
打順こんな感じかな
1青木、外
2坂本、ショート
3山田、サード
4筒香、外
5中田、ファースト
6内川、DH
7秋山、外
8嶋、キャッチャー
9菊池、セカンド

168:
坂本と青木が逆、5番DH大谷で6番が中田かなあって思う

176:
前中日選手出すの拒否してなかったっけ。
方針かわったんか?

181:
小林は強化試合でポロポロだったのに選ばれてるからな
本当アホ

183:
>>181
他がもっとキャッチング酷いから。

187:
そら皆んな監督が勝てきしないから
小久保の采配はヤバイ

引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484273199/l50