【悪用厳禁】女性にハメ撮りをOKしてもらう方法!

立派な機材やAV撮影に適したロケーションなどを用意しても、ハメ撮りをさせてくれる女性がいなければ自主制作AVは作れません。
セックスさせてくれる女性を調達できたとしても、その女性にハメ撮りをOKしてもらわなければ、これもやっぱり自主制作AVは作れませんよね。

そこで重要になってくるのが、女性に許可をもらうことです。
どのように女性にハメ撮りをOKしてもらえばいいのか、その方法を解説していきます。

  • 女性にハメ撮りをOKしてもらう具体的な方法
  • 許可をもらわずにハメ撮りすることは可能?

という点について、詳しく説明していきましょう。

慣れも必要になってはきますが、それ以前にハメ撮りの許可をもらう方法を知らなければ話になりません。ここでその方法について学んでおいてください。

女性にハメ撮りをOKしてしてもらう方法

ハメ撮りの許可を女性からもらうのは、それなりに難しいです。何の戦略もなしにお願いしても、おそらく無理でしょう。

ここでは、女性にハメ撮りをOKしてもらうための方法として、以下のことを紹介・解説していきます。

  • 記念を口実に納得してもらう
  • ハメ撮りの用途と自分の弱みをさらけ出してお互いのリスクを同じにする

自分や相手の女性のキャラクラーなどに合わせながら、OKがもらいやすそうな方を選択してみましょう。

では、それぞれの方法について具体的に解説していきますね。

記念を口実に納得してもらう

女性って、“記念日”がとても好きですよね。とても小さな記念日も大事にしたり覚えていたりするものです。この心理を利用してハメ撮りの許可をもらう、あるいは納得してもらうのも一つの方法でしょう。

  • 初エッチ記念
  • 出会った記念
  • クリスマス
  • ハロウィン
  • お正月

要は、何でもいいんです。目的はハメ撮りすることなので、何かしらの記念だと思わせることができれば、それでOKなんですね。

「せっかくの記念だから、映像として残しておこうよ」という程度でも、意外とOKしてくれる女性は多いです。
ハロウィンなんて記念日になるの?と思う人もいるかもしれません。これもあくまでも口実として使うだけですよ。「ハロウィンだからコスプレしてみない?」と持ちかけ、「せっかくコスプレしたんだから、記念に撮ってもいい?」と段階を踏んでいけば、そのままハメ撮りに持っていくことも可能です。

女性とハメ撮りするタイミングは、何かしらの記念日や節目の日にすると、ハメ撮りの許可が得られやすいでしょう。

ハメ撮りの用途と自分の弱みをさらけ出してお互いのリスクを同じにする

「撮っていい?」と聞けば、女性は必ず「何のために?」と言ってきます。「あとで見返してオナニーしたいから」などと伝えましょう。それだけ女性に魅力があるということも、ちゃんと伝えてくださいね。この程度のやり取りでもあっさりと「しょうがないな〜」とOKしてくれる女性もいるものです。

加えて、「俺の顔とか体もちゃんと映すから、心配ないよ」と伝えるのもいいでしょう。リスクが同等となるので、女性は「それだったらネットにばらまかれてしまうことはないだろう」と思って安心感を持つことができます。

相手の女性が強い抵抗感を持っていなさそうであれば、その映像を女性側に送ったりするのもアリですね。相手もその映像を保有することになりますから、より安心感を感じてもらえるでしょう。
もし男性側が何かおかしな行動に出れば、女性もその映像を使って何か行動を起こすことができます。これもリスクを同等にするという考え方と同じです。

女性側にしかリスクがなければ、ハメ撮りにOKなんてしてくれません。男性側にもリスクは生じることになりますが、ハメ撮りを成功させるためには必要なリスクになります。その後の大きなリターンを考えて、最初はリスクを取っておくことも重要ですよ。

そもそも許可をもらわずにハメ撮りをする方法もある

ハメ撮りするために、明確な許可をもらわなければならないという考え方から、少し離れてみることも必要かもしれません。

ハメ撮り系の動画やAVを観た経験はありますか?個人撮影のものだと、女性が「恥ずかしい」などと言いながら顔を隠したり、あるいは「映さないで」と言っている映像などもありますよね。でもどうでしょうか、結局セックスしまくってませんか?

そう、別に許可を得ずともハメ撮りは可能なんです!

それには、前準備や相手の女性との関係性の構築が必要になってきます。
いきなりカメラを向けてもダメですよね。最初は服を着た状態から写真を撮ってみたり、動画を撮影しながらちょっとスカートをめくってみたりしましょう。女性が強い抵抗を感じにくいところから撮影に慣れさせていくと、最終的にハメ撮りしやすくなりますよ。

何度も会えるような女性であれば、最初は普通に体の関係を結び、徐々に写真や動画を撮っていくのもアリですね。
エッチするときにスマホを向ける状態を当たり前にしてしまうんです。そうすれば、女性も少しずつ抵抗感が薄れていき、自然とハメ撮りに応じてくれるようになるでしょう。

「可愛いから、つい撮っちゃうんだよね」、「綺麗だから残しておいてもいいでしょ?」、「なんでそんなに良い体してるの?」などなど、とにかく褒めながら撮影すると、女性もその気になってくれやすくなります。
ただ単に撮影するのではなく、「可愛いから」、「綺麗だから」などとポジティブな言葉を投げかけることは忘れないでくださいね。女性をおだてる言葉は、ハメ撮りには必須です。これができれば、成功率は格段にアップしますよ。

まとめ

ハメ撮りさせてくれる彼女やセフレなどがいない男性にとっては、ハメ撮りさせてくれる女性を見つけることが一番高いハードルになるかもしれません。でも、このハードルを越えなければ自作のハメ撮りAVは撮影できないので、そのハードルの越え方について説明しました。

  • 女性にハメ撮りをOKしてもらう具体的な方法
  • 許可をもらわずにハメ撮りすることは可能?

ここで説明した以上のことを試しながら、ハメ撮りできる状況を作り出してみましょう。

共通しているテクニックは、「女性を褒めたりおだてたりして気持ち良くさせること」ですね。自分の欲を満たすことだけを考えるのではなく、女性の“褒められたい”という欲求も満たしてあげることです。
コミュニケーションスキルなども必要になりますが、説明したように素直に褒めてあげれば案外応じてくれるものですよ。最初は難しくても、継続することによってハメ撮り動画も撮影しやすくなるでしょう。