ハメ撮りにはコツがある。エロくて興奮する映像の撮り方

趣味でハメ撮りするなら、別にどんな形で撮ってもいいんです。ただ、それを販売してお小遣いを稼ごうとなると、ニーズを考えて撮影しないといけません。

適当にハメ撮りしただけでは自己満足で終わってしまいますよ。ちゃんとエロくて興奮する映像を撮りましょう!

ここでは、多くの男性のニーズを掴むためのハメ撮りのコツを教えます。

  • ハメ撮りの演出方法やポイント
  • 撮影時に意識したいこと
  • ニーズの高い映像にするための注意点

このようなことをまとめていきます。
稼ぎたいなら絶対に欠かせないポイントやコツ、注意点ばかりなので、撮影前に知識として蓄えておいてください。

ハメ撮りのコツ

さて、ハメ撮りのコツですけど、これから細かな演出方法やポイントなどについて説明していきます。

  • 光量が十分な明るいところで撮影しよう
  • カメラを複数台用意して主観と客観を使い分けよう
  • 言葉を巧みに使いこなしながら臨場感を演出しよう
  • 女性の服装や脱がし方にも気を遣おう
  • アングルを工夫して観る側の欲求を満たそう

コツとして押さえておきたいのは、主にこの5点ですね。
最低でもこれだけのポイントをしっかりと意識して撮影すれば、かなり質の良いものや世の男性の多くが食いつく映像作品に仕上げることができますよ。

では、それぞれについてさらに深く掘り下げて解説していきましょう!

明るいところで撮影する

基本的には、明るいところで撮影するのがおすすめです。

明るい場所であれば、どんなカメラでもしっかりと女性の顔や体などを映し出すことができます。多少性能が悪くても、見にくくて全然楽しくない、なんてことにはならないでしょう。

素人モノは、

  • どんな女性が
  • どんな体をしていて
  • どんなプレイを楽しんで
  • どんな表情をしているのか

ということが重要になります。自主制作AVをわざわざ買おうと思っている人は、まさにこれらに興奮したいわけです。暗いと、女性の雰囲気がなかなか掴めません。声だけ聞こえていても姿形が見えなければ、興奮度はダウンしてしまいますよね。

明るい場所で撮影することで情報量が増えて、観ていて興奮できる映像作品になるんです。

AVの中には浮気モノなど秘密感を演出するために、照明を落として暗い部屋などで撮影した作品も確かにあります。でも、素人があれを真似してはいけません。プロじゃないと、綺麗な映像にすることができないからです。
暗い部屋で撮影してるのに、観ていてストレスの感じない映像にするには、めちゃくちゃ高いスキルが必要なんです!ハメ撮り初心者や映像の自主制作初心者では、まず無理なので、しっかりと光量のある場所で撮影してください。

ニーズを考えるなら、なおさら明るさが重要になってきます。“暗い場所で撮っている”というだけで購入者が逃げていくことを知っておきましょう。

カメラを複数用意する

個人撮影モノのAVだと、1台のカメラを使って撮っている作品も結構多いです。でもこういう作品は、大抵時間が短い。作品というよりも、流出モノと表現した方が近いかもしれません。
女性の服を脱がしたり前戯を楽しんだり、セックスも最初から最後まで映して、ある程度の尺の作品を撮るなら、1台のカメラでは物足りないでしょう。

最低でも2台は用意してください。
複数台用意することで、いろんな視点から女性や行為を撮影することができるようになります。あとで編集で上手に繋ぎ合わせれば、飽きのこない映像に仕上げることができますよ。

例えば、スマホやハンディなどを使って撮影することで、セックスをしている男性目線の映像が撮れます。主観ですね。腰の動きに合わせてカメラも動いて、それはそれは臨場感のある動画になるでしょう。

ベッドの横など少し離れたところにもう1台カメラをセッティングしておくと、今度は2人のセックスを客観的に観ている第三者の目線の映像が撮れます。“のぞいている感”に興奮する男性は多いですからね。そんな動画も撮ることができてしまいます。

こうした主観と客観の映像を組み合わせることで、興奮度をアップさせることが可能です。仮に女性の反応があまり良くなくても、主観と客観を上手に入れ替えながら編集すれば、間延びしない作品を作り上げることができますよ。

自分もそうだけど、女性もプロではないですからね。素人を使ってハメ撮り動画を作るなら、なおさらカメラは複数台用意しないと興奮する動画は撮れません!

言葉責めを意識

https://jion.tokyo/4087

無音のセックスほど面白くないものはありませんよね。マニアの中には、そういったものに興奮する人もいるかもしれませんが…。
ニーズがあるのは、女性の声ですよ。この女性の声を引き出すためには、言葉攻めを意識したいところです。
プレイ中に女性がちゃんと声を出してくれれば臨場感も伝えられるし、生々しさも演出できますからね。

服を脱がす段階から、女性のことを褒めましょう。ここでしっかりと下地を作っておくと、「エッチの時も声や言葉を発してもOK」といった空気感を生み出すことができます。セックス中の言葉数も増えるし、女性の喘ぎ声も大きくなりますよ。

褒められて嬉しくない女性はいませんよね。「可愛いね」、「綺麗だよ」といった言葉を中心に、時々「エロいね」なんて言葉も織りまぜると効果的です。
セックス中も褒めてあげましょう。加えて、「どう?」や「どこが気持ちいいの?」などと疑問系で言葉を投げかけると、観ている男性が興奮するようなエロワードを引き出すことができるかもしれません。

ただし、しゃべりすぎには注意してください。エロ動画を購入する人が聞きたいのは、あくまでも女性の声です。男が息を切らしてずっとしゃべっている映像にニーズはありません。
言葉攻めは自己満足のためではなく、女性から言葉や喘ぎ声を引き出すためのテクニックだと考えておきたいですね。

女性によってノッてくれる言葉も違うので、事前にいくつかパターンを用意しておくこともお忘れなく。女性の性格や性癖なんかにも合わせて言葉を選ぶことができれば完璧です!

女性の着衣に気を遣う

セックスは、女性が服を着ている状態から始まっていると思っておきましょう。裸で密着してるところだけがセックスだと思わないことですね。質の高い映像作品にしたいなら、女性の着衣に気を遣うことも忘れたらダメですよ。

そもそも、男って女性が服を脱ぐ姿に興奮するものです。「どんな下着を身に付けてるんだろ?」と想像するだけでワクワクしてきませんか?その後のセックスに興奮のピークを持っていくためにも、女性の着衣って重要なんです!

男性が好きな服装ってありますよね。それを用意しておくといいでしょう。
ひらひらとしたスカート、ワンピース、制服系、こうしたものは多くの男性の大好物です。下着がチラチラと見えながらも、でもまだ全部は見えない、そんな焦らし方ができる服装だと、動画の最初から観ている人たちをドキドキさせることができますよ。

下着にも気を遣いたいですね。男性によって好みは分かれるところですけど、下着をつけたまま前戯を楽しむシナリオならば、下着を履いたままでもシミが見えやすい白系の下着を選ぶといいかもしれません。
相手が大人っぽい女性なら黒系、若くて可愛い系ならピンクなど女の子っぽい下着をチョイスすると、女性のイメージと下着がマッチします。鑑賞者を、さらに映像の世界に引き込みやすくなるはずです。

基本的なことですけど、下着は上下で揃えましょう。ブラとパンツが合っていないだけで冷める男の人は多いです。セックスに到達するまでの過程で少しでも萎えちゃう要素があると、それだけで作品としてのクオリティが落ちます。
細かいことですけど、こうした部分にも気を遣いながら準備し、撮影を進めていきましょう。

カメラの角度を意識する

https://photo-studio9.com/angle-position/

カメラを複数台用意しても、アングルに工夫がなければ観ている人を興奮させることなどできません。角度を意識して、どのように映せば臨場感や興奮、女性のエロさが伝わるのかを考えながら映像を作り込んでいきましょう。

まず大前提として、映像を買って鑑賞する男性は、セックス中の男性には興味ありません。観たくもない人がほとんどです。観たいのは、もちろん女性の姿。
画面の大半が男性で占められているような、そんな角度では撮影しないでください。

例えば、正常位でセックスしているとしましょう。ベッドの横から、ベッドとほぼ同じ高さから撮影したら、どんな映像が出来上がるでしょうか。女性は寝てますよね、男性は膝をついて腰を振ってますよね。明らかに男性が映っている面積の方が多いんですよ。
女性の顔がカメラと反対側を向いていたら、もう最悪です。結合部は足で隠れてるし、胸も横からだとちゃんと見えないし、鑑賞者はここで完全に萎えてしまいます。

ほぼ真横の角度から撮影するならバックか騎乗位じゃないとダメですよ。正常位はスマホやハンディで上から撮るのが基本ですね。
バックは結構便利な体位で、横からはもちろん、上からでもいいし前からでも楽しめます。角度に強い体位と言えるでしょう。

カメラのアングルで言うと、「余計なものは映してはいけない」という鉄則も守ってくださいね。
例えば、私物が映ってしまうのは避けたいところです。男性側の趣味や嗜好が少しでも観ている人に伝わってしまったらアウトですよ。
撮影機材なども映らないように気を付けましょう。三脚とか照明とかが映ると作りモノっぽく見えてしまうので要注意です!

角度やアングル、画面構成などに関しては何度も撮影して慣れていくしかありません。ただ、撮影前にしっかりとイメージを作っておくことで、大失敗を防ぐことができます。
「この体位はこの角度から」などとあらかじめ決めておけば、観ている側も冷めずに最後まで鑑賞できる作品に仕上げられるでしょう。

いかに見やすくて綺麗なハメ撮りになるかが最大のコツ

https://www.wrc-japan.jp/cosplayers-deai.html

ハメ撮りのコツやポイントなどをいろいろと説明してきました。要は、いかに観やすくて鑑賞者がストレスを感じないハメ撮り動画が作れるかが一番のポイントになるわけです。

いくら女の子が可愛かったり綺麗でも、光量のない暗い部屋で撮影されていては意味がありません。同じ視点からしか撮影されていなければ飽きられてしまうし、女性が声も発さずにマグロ状態では、これも観ていて面白くないですよね。
洋服や下着に色気や可愛げがなければセックスにいくまでに冷めちゃうし、カメラの角度が悪いと臨場感もクソもありません。

観やすいことが鉄則で、それに加えて女性の美しさとエロさがきちんと伝わる動画、これが男性の心を掴むんです!

何よりも、世の中の男性、特にエロ動画を購入する男性や素人モノのハメ撮り動画が大好物の男性のことを考えましょう。そういう男性は、リアルさを求めてます。かといって、観にくいものは一切求めていません。しかし、演技がかっていたり「いかにも企画モノのAV」という雰囲気が漂っていても、これまた萎えてしまいますよね。

あなたも、お金を出してまで手に入れて繰り返し観たいのは、リアルな素人娘の観やすいハメ撮り動画ですよね?
個人の自主制作だから滲み出る素人感やリアル感と、でも照明や角度などにこだわって作られるからこそ生み出される観やすさ、これを両立させることが重要なんです!
エロ動画でお金を稼ぎたいなら、ここは絶対に忘れてはいけない部分になります。

まとめ

あなたが撮るべきハメ撮りエロ動画のイメージが、少しは湧いてきましたか?

  • ハメ撮りの演出方法やポイント
  • 撮影時に意識したいこと
  • ニーズの高い映像にするための注意点

このようなことを書いてきたわけですけど、売れる動画を作るためにはどれも欠かせませんね。

明るさとか複数台のカメラとか衣装とか、事前に考えたり用意しておくのは正直面倒に感じるでしょう。でも、そこまでこだわらないと絶対に売れません!
ただ女性とセックスして、それを適当に撮影して販売サイトにアップすれば売れていくなんて、そんな甘い世界ではないんです。

いかに個人撮影という雰囲気を崩さずに、いかにこだわって作り上げるか、ここが最大のポイントになるでしょう。
ここで紹介したことを実践に活かして、ぜひ質の高い興奮必至のエロ動画を作り上げてください。